事例紹介

  • 事例

    土壌汚染対策法(第3条)による土壌汚染状況調査①

実施概要

現況:病院  面積:約23,000㎡ 【 背  景 】  戦前から続く病院が建て替えのため解体されることになった。解体に伴い有害物質使用特定施設の廃止をしたため、土壌汚染対策法の調査対象となった。 過去に水銀を含む消毒薬、水銀を含む血圧計・体温計、シアンを含む検査薬、ふっ素を含む洗浄剤の使用があった。 【調査内容】  溶出量試験 シアン 50検体、水銀 50検体、ふっ素 58検体 含有量試験 シアン 50検体、水銀 50検体、ふっ素 58検体 【調査結果】 汚染なし 解体工事の着工が迫っており、早く現地作業を完了させてほしいとの依頼があった。 ボーリングマシン4台と手掘り班の体制で作業を行い現地作業日数を短縮した。

依頼日

2016年

依頼者

市町村

愛知県内

費用

360万円

土量

汚染なし

工期

4ヵ月

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.