事例紹介

  • 事例

    研究施設(愛知県名古屋市) ふっ素汚染対策

実施概要

研究施設解体現場から、ふっ素が溶出量基準を超過した汚染土壌が発覚しました。原因は不明ですが、表層及び深度の絞り込み調査を実施した後に、掘削除去工事を行いました。
少量ではありながらも、溶出値が高くまた、現場の特性から工事がしづらい箇所でもあったため、比較的にコストが高くなりましたが、問題なく処理できました。

依頼日

依頼者

市町村

愛知県名古屋市

費用

120万円

土量

10㎥

工期

1週間

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.