コラム

土壌汚染調査について

2020.8.2

18 views

目次

  1. 1. 近年の土壌汚染調査について

  2. 2. 不動産売買時における土壌汚染調査の必要性

  3. 3. 地歴調査の実施について

1.近年の土壌汚染調査について

土壌汚染といえば、東京都の豊洲新市場の移転問題で注目を集めましたが、全国各地で土壌汚染に伴う問題は数多く発生しています。

多くが工場や大学、病院の跡地で、過去に漏れ出した有害物質が土壌を汚染したとみられるケースが多くなっております。

2. 不動産売買時における土壌汚染調査の必要性

近年は、不動産に関わる土地の売買に伴って、土壌が汚染しているのか、土壌汚染状況調査を実施するケースが多くなっています。

不動産売買の契約の前に土壌汚染調査をしない場合、大きなトラブルに発展する場合も少なくありません。

3.地歴調査の実施について

先程も説明した通り、8割以上は自主調査が行われていますが、土地の条件によっては、調査が義務付けられた調査を実施しなければならないので、地歴調査の実施がお勧めです。

「地歴調査」とは、その土地の利用履歴を登記簿謄本や住宅地図、航空写真などを参考にして、汚染の可能性を探る方法です。

基本的に、土壌汚染は見た目では判断できないため、汚染されているか心配なときは、まず太平産業株式会社にご相談ください。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.