コラム

土壌汚染と瑕疵担保責任関連問題について

2020.8.2

15 views

目次

  1. 1. 土地取引における土壌汚染の庇護

  2. 2. 売主側の瑕疵担保責任とは

  3. 3. 契約前に土壌汚染調査を行うのがベスト!

1.土地取引における土壌汚染の庇護

何らかの売買契約を結ぶときには、対象物の瑕疵について買主が知らないままで取引した場合、売主は買主の損害を賠償しなければならないという民法上の規定があります。

2.売主側の瑕疵担保責任とは

土地取引における土壌汚染も、実はこの瑕疵に当たります。

買主がその事実を知らないままで取引が成立したとしても、売主側には瑕疵担保責任が発生します。

土地取引の際は土壌汚染の有無のみでなく、可能性についても十分注意し、いろいろな可能性を検討した後に、合意の上で契約をすることが望ましいと思われます。

3.契約前に土壌汚染調査を行うのがベスト!

土地の購入を検討する際には、契約前に土壌汚染調査を行うのがベストです。汚染リスクについて正しい情報を把握した上で、

・風評被害が発生しないか

・土地の価格は適正かどうか

といった項目を判断できます。

適正な取引のための材料となってくれることでしょう。

これから購入しようと考えている土地や購入したばかりの土地について、「土壌汚染調査と言われても正直よくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

こんなときには、ぜひ太平産業株式会社にお任せください。

土地購入時の土壌汚染調査についても、土壌汚染の専門家がしっかりサポートいたします。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.