コラム

調査義務や法律関連知識も必須

2020.8.2

14 views

目次

  1. 1. 事前調査を行う義務が生じる可能性

  2. 2. 指定調査機関に相談を

  3. 3. 土壌汚染トラブルを回避するためのまとめ

1.事前調査を行う義務が生じる可能性

土壌汚染に関する法律や地域の条例によっては、土地取引を行う際に、事前調査を行う義務が生じる可能性もあります。

・ガソリンスタンド跡地

・クリーニング店跡地

・工場跡地

上記のような、過去の利用状況から土壌汚染の発生リスクが高いと思われる場合には、注意が必要です。

2.指定調査機関に相談を

土壌汚染対策法に関する知識は、土壌汚染調査や対策に関するプロである指定調査機関に相談することが最も効果的な方法です。

指定調査機関であれば、法律に関するアドバイスだけではなく、具体的な調査・対策の方針についても助言することが可能です。

3.土壌汚染トラブルを回避するためのまとめ

土地取引時の土壌汚染トラブルを回避するためには、信頼できる専門家の手が欠かせません。

きちんとした事前調査を行い、必要に応じて土壌汚染対策を完了させることで、安心して取引ができることになります。

土壌汚染に関する各種トラブルは、いったん発生すると、その解決までに手間と時間がかかってしまうという特徴があります。

トラブル発生前に予防するのがベストです。

太平産業株式会社では、土壌汚染に関するありとあらゆる相談に対応しています。

「こんなときどうしたら?」と迷ったときには、ぜひお気軽にお問い合わせください。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.