コラム

世界的にも有名な土壌汚染事例

2020.8.2

1283 views

目次

  1. 1. 中国の「がんの村」について
  2. 2. 土壌汚染による公害・健康被害は決して過去の問題ではありません
  3. 3. 土壌汚染問題には専門的な知識を持った機関に相談を

1.中国の「がんの村」について

土壌汚染問題を放置すれば、大規模な健康被害や公害につながってしまうリスクもある!?

中国で問題になったのが、住民のがん発症率が著しく高い、いわゆる「がんの村」なのです。

重金属による土壌汚染や水質汚濁が深刻なエリアにおいて、そこで育てられる農作物や家畜の全てに影響が現れているといいます。

日常生活の中でそれらを摂取し続ければ、人間の体内にも特定有害物質が徐々に蓄積してしまいます。

深刻なところでは、住民の多くががんになるとも言われており、がん以外にもさまざまな中毒症状が問題となっているエリアも少なくありません。

土壌汚染問題の中には自然由来で発生するものもあるけど、人間の経済活動がきっかけとなって非常に大きな健康被害をもたらしてしまうものも多いですよ。

問題を解決するためには、正しい専門知識のもと、時間とお金をかけて根本的な対策をする必要がありますね。

2.土壌汚染による公害・健康被害は決して過去の問題ではありません

「土壌汚染による健康被害」と聞くと、過去の重大な事例を思い浮かべる方いませんか?

土壌汚染と聞くと、かつて社会の教科書に載っていた写真が頭に浮かぶくらいで、現代の土壌汚染問題について具体的な想像ができないという方も多くいますね。

しかし実際には、土壌汚染による環境問題や健康被害は、決して過去のものではありません。

現代においても、日本や世界各国で深刻な被害をもたらしています。

過去の土壌汚染事例が教えてくれるのは、

・問題を正確に把握することの重要性

・必要な対策を確実に講じる必要性

土壌汚染問題は自然由来で発生するケースもありますが、きちんとした知識のもとで必要な対策ができていれば、健康被害や風評被害をもたらすことはないのですよ。

3.土壌汚染問題には専門的な知識を持った機関に相談を

土壌汚染調査や土壌汚染対策について不安に思うことがあれば、ぜひ太平産業株式会社へ気軽にご相談してはいかがですか?

御社が抱えている問題を、最初から最後までしっかりサポートしますので、安心して相談してくださいね!

『まんがで分かる土壌汚染』:https://osendo.net/downloadBeginner/

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.