コラム

問題が起きる前の対策が肝心です

2020.8.2

12 views

目次

  1. 1. 土壌汚染問題は早めの対処を

  2. 2. 土壌汚染調査で適切に対処することが重要

  3. 3. 土壌汚染に関するお悩みは専門機関にご相談を

1.土壌汚染問題は早めの対処を

人間の暮らしにとって、土壌とは非常に身近なものです。

だからこそ、その土壌が特定有害物質によって汚染されていれば、健康への影響は避けられないと言えるのです。

近年の日本で話題になった土壌汚染の事例といえば、豊洲市場の土壌汚染問題でしょう。

築地市場のその移転先として候補に挙げられた土地で調査を行った結果、基準値を大きく超える土壌汚染が発覚した事件はみなさんもニュースで見たことがあると思います。

このように日本の土壌汚染問題は豊洲市場だけでなく、身近なものになっております。



2.土壌汚染調査で適切に対処することが重要

土壌汚染問題は、健康被害が発覚してからの対策では遅いという特徴があります。

問題が拡大する前に、それぞれの土壌が抱える問題を把握した上で、適切に対処することが大切です。

3.土壌汚染に関するお悩みは専門機関にご相談を

土壌汚染調査を行うことで、その土地にどのような特定有害物質が存在しているのかを把握することができます。

汚染物質の種類や汚染範囲によって、適切な対策方法も変わってくるので注意が必要です。

私共、太平産業株式会社は土のエキスパートとして、土壌汚染調査から具体的な対策まで、全てを一貫して請け負っています。

・本当に土壌汚染問題が発生しているのかどうか、わからない

・調査の結果、対策が必要と言われたけれど、どうすれば良いか具体的に知りたい

・土壌汚染リスクが高いと指摘されてしまった

・健康被害はもちろんのこと、企業イメージを損ねる風評被害を防止したい

このように、土壌汚染に関して抱える問題はさまざまです。

土壌に関するお悩みが発生したときには、ぜひお早めに私共にご相談ください。

調査から対策まで、専門知識を有するスタッフが徹底サポートいたします。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.