コラム

病院で行うべき土壌汚染対策はしっかり調査することが経費削減に?

2020.8.2

13 views

目次

  1. 1. 汚染された範囲をしっかりと見極めて対策をすることがコスト削減に

  2. 2. 病院跡地での土壌汚染対策事例

  3. 3. 病院跡地の土壌汚染対策経験は専門家にご相談を

1.汚染された範囲をしっかりと見極めて対策をすることがコスト削減に

病院で行うべき土壌汚染対策は、汚染の原因となっている物質や、汚染の規模によって変わってきます。

まずは入念な調査の上で、今後の対策方法について検討していくことになります。

病院跡地の土壌汚染の場合、敷地全体ではなく、敷地内の一部分のみに汚染が発覚するケースも少なくありません。

このような場合、汚染された範囲をしっかりと見極め、必要な対策を講じることで、土壌汚染対策費用を削減することにもつながるでしょう。

2.病院跡地での土壌汚染対策事例

診療所として使われていた施設を廃止し、土地を売却することに決定したケース。

手続きを進める中で、依頼を受け土壌汚染調査をしたところ、土地の一部分に水銀およびホウ素による汚染が確認されました。

調査の結果を受けて対策を検討し、両方とも掘削除去にて対応しました。

3.病院跡地の土壌汚染対策経験は専門家にご相談を

太平産業株式会社では、土壌汚染対策の第一歩である土壌汚染調査を丁寧に行っています。

きめ細やかな調査で、汚染された区域を正確に把握することで、無駄な工事費を削減できるよう努力しています。

病院跡地の土壌汚染対策経験も豊富なので、ぜひ安心してご相談ください。

土壌汚染対策の専門家として一からアドバイスすると共に、土壌汚染対策の完了まで徹底サポートいたします。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.