コラム

ガソリンスタンドの土壌汚染対策事例2つ

2020.8.2

17 views

目次

  1. 1. ガソリンスタンドの土壌汚染対策事例について

  2. 2. 特定有害物質はクリアしたものの、油汚染が問題に → 掘削除去にて対応したケース

  3. 3. きちんとした調査・対策を行うことが重要

1.ガソリンスタンドの土壌汚染対策事例について

ガソリンスタンドの土壌汚染対策について、うまくイメージできない……という方に向けて対策事例を1つ紹介します。

あくまでも一例とはなりますが、ぜひ参考にしてみてください。

2.特定有害物質はクリアしたものの、油汚染が問題に → 掘削除去にて対応したケース

ガソリンスタンド跡地にて、ベンゼンや鉛といった特定有害物質は検出されなかったものの、油による汚染が発覚。

土地の売買契約成立のために、土壌汚染対策をすることにしました。汚染部分の土を掘削除去を行いました。

3.きちんとした調査・対策を行うことが重要

ガソリンスタンド跡地は、何かと土壌汚染が発覚しやすい土地。

長い期間、経営を続けてきたガソリンスタンドの場合、目に見えない部分の設備の劣化によって、有害物質や油分が周辺の土壌に広がってしまうケースは決して少なくありません。

こうしたリスクを頭に入れた上で、きちんとした調査・対策を行うことが重要です。

ガソリンスタンド跡地の土壌汚染調査・土壌汚染対策について不安があれば、ぜひ私共太平産業株式会社にご相談ください。

土のエキスパート集団として、土壌汚染問題を総合的に解決に導きます。

また、土壌汚染に関する法律などについても基礎からわかりやすく説明しますので、どうぞご安心ください。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.