コラム

「土壌汚染指定調査機関」は土壌汚染対策のプロのあかし

2020.8.2

10 views

目次

  1. 1. 土壌汚染対策をするには
  2. 2.「土壌汚染指定調査機関」とは
  3. 3. 豊富な実績と知識のある専門機関にご相談を

1.土壌汚染対策をするには

土壌汚染対策を行う際は、土壌汚染対策防止法に則り、調査から施工まで確実に行なう必要があります。

中でも、重要なのは、対策を行う前段階の調査です。

もし汚染物質や汚染の範囲を特定する段階で誤りがあれば、適切な浄化が行われないことになってしまいます。

その場合は、調査のやり直しや再度対策を行う必要が生じることもなります。

そこで、土壌汚染の可能性があると判明したら、信頼できる施工会社に依頼することが大切です。

2.「土壌汚染指定調査機関」とは

信頼できる施工会社 かどうかの基準となるのが、「土壌汚染対策法に基づく指定調査機関」(以下「指定調査機関」)であるかどうか。

「土壌汚染対策法第3条、第4条及び第5条」では、土地所有者等に土壌汚染状況調査を実施する条件を定めており、その調査は指定調査機関にさせなければならないとしています。

 

3. 豊富な実績と知識のある専門機関にご相談を

太平産業は2017年3月、環境大臣より指定調査機関の指定を受けて以来、土壌汚染にお困りの企業、団体、個人の皆さまと一体となり、汚染対策に取り組み、解決を行ってきました。

満足度の高い土壌汚染対策は、最初の一歩が肝心であり、その一歩はパートナーとなる土壌汚染の調査を行う会社選びです。

土壌汚染対策でお困りのことがありましたら、豊富な実績と提案力を持つ、太平産業にぜひご一報ください。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.