コラム

工場跡地を購入した場合、土壌汚染の自主調査は必要なの?

2020.8.2

23 views

目次

  1. 1. 自主調査とは

  2. 2. 土壌汚染を放置するリスク

  3. 3. 土壌汚染問題は企業のリスク管理にとって重要

1. 自主調査とは

土壌汚染調査には、義務調査以外に自主調査と呼ばれるものも存在しています。法律で義務化されているわけではなくても、

・人体に悪影響がないことを確かめるため

・安心して土地取引を行うため

・土地の価値を高めるため

こうした目的のために、調査を行うケースは少なくありません。

とはいえ、調査そのものも無料ではありませんし、土壌汚染が発覚すればその対策のためにさらに多額の費用がかかってしまいます。

「本当に自主調査をする必要があるのか?」と思う方も多いのかもしれません。

工場跡地の場合、わざわざ自主調査を行わなくても、義務調査が行われるケースが一般的ではありますが、工場が廃止されたタイミングによっては、義務調査の対象となっていないこともあります。

きちんとした調査がなされていない場合には、やはり一度、きちんと調査を行っておくのがおすすめです。

2. 土壌汚染を放置するリスク

土壌汚染を放置すれば、以下のようなリスクが生じます。

・健康被害が生じる可能性がある

・企業イメージの低下

・不動産価値の低下

・将来へと先送りにすることによる、調査費用・対策費用の増大

3. 土壌汚染問題は企業のリスク管理にとって重要

土壌汚染は目に見えにくい問題ではありますが、放置すれば確実に、私たち人間の生活を脅かすものとなります。

きちんとした対策を施さないまま放置してしまうようなことがあれば、企業全体のイメージ低下は避けられません。

企業のリスク管理の観点からも、土壌汚染問題はしっかりと対応し解決を図ることが重要と言えるでしょう。

土壌汚染調査・対策は、太平産業株式会社にお任せください

土壌汚染対策は、企業経営の未来を守るためにも必要なものと言えます。

適切な対策を施すためには、土壌汚染対策の専門家によるきちんとした調査、それを元にした対策法のアドバイスが欠かせません。

太平産業株式会社は、土壌汚染調査から具体的な対策の実施まで、全てを一元管理で提供しています。

「調査だけ」「対策だけ」という形でそれぞれの企業を選択するよりも手間がなく、また調査から対策までの過程において漏れや抜けも生じにくい仕組みとなっています。

確実に実施しておきたい土壌汚染対策だからこそ、経験・知識も豊富な太平産業株式会社に、ぜひお任せください。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.