コラム

業種によって汚染リスクが高い物質があります

2020.8.2

59 views

目次

  1. 1. 土壌汚染問題の代表例

  2. 2. 土壌汚染リスクが高い土地は?

  3. 3. 自然に土壌が汚染されている可能性も

1. 土壌汚染問題の代表例

土壌汚染といえば、「工場跡地などでリスクが高い」といったイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

近年では、豊洲市場の土壌汚染が話題となりましたが、もともとはガス会社の工場があった土地です。

地歴から考えると、汚染があってもなんら不思議ではありません。

土壌汚染にまつわる問題は非常に根が深く、現在でも完全にイメージを回復できているわけではないでしょう。

とはいえ、土壌汚染問題は、工場跡地でのみ発生するものではありません。

2. 土壌汚染リスクが高い土地は?

過去に以下のような用途で使われていた土地については、土壌汚染リスクが高いと考えられます。

・クリーニング工場

・ガソリンスタンド

・農薬を使っている農地

・重金属系の工場

クリーニング工場であれば、衣服の洗浄をするためにテトラクロロエチレンや四塩化炭素といった物質を使っていたケースが多いです。

ガソリンスタンドであれば、ベンゼンや鉛、油による汚染の可能性が疑われます。 このように、その土地の歴史をチェックしてみると、土壌汚染リスクや原因となる物質を予測することができます。

ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

3. 自然に土壌が汚染されている可能性も

土壌汚染と聞くと、人為的な原因を想像するのが一般的です。しかし特定有害物質には、自然界に普通に存在する物質も含まれています。

つまり土地の条件によっては、自然に土壌が汚染されている可能性もあるということ。この場合に多い原因物質といえば、

・砒素

・鉛

・ふっ素

・ほう素

などが挙げられます。自然由来であったとしても、土壌汚染対策は必要となります。

専門家に調査を依頼した上で、適切な対策について検討してみてください。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.