コラム

どれを選択できるのかは、土地の状態によって変わってきます!

2020.8.2

51 views

目次

  1. 1. 土壌汚染対策はどれでもいいわけではない

  2. 2. 土地ごとの最適な対策を

  3. 3. まずは土壌汚染調査を

1. 土壌汚染対策はどれでもいいわけではない

土壌汚染対策にはさまざまな方法がありますが、「どれでも自由に好きなものを選択できる」というわけではありません。

例えば汚染物質が第一種特定有害物質に指定されている場合、基本的に不溶化や洗浄といった処理方法を選択することはできません。

2. 土地ごとの最適な対策を

また汚染物質が第二溶出量基準以上であれば、遮水封じこめの処理を選ぶことはできなくなります。

つまり、その土地に対してどのような対策を施すのが最適なのかは、プロがその目でチェックしてみなければわからないということ。

もちろん入念に調査を行い、その結果を見た上で判断していきます。

3. まずは土壌汚染調査を

まず調査をして、その後対策方法について考えて……というのは、一般の方にとって負担が大きい作業です。

太平産業株式会社では、土壌汚染調査から最適な対策方法の提案・実施までを一括で請け負っています。

土壌汚染問題の最初から最後まで、ぜひ私共にお任せください。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.