コラム

いま、なぜ土壌汚染調査が必要なのか、3つの理由とその方法

2019.11.12

151 views

目次

  1. 1. 土壌汚染とは

  2. 2. 土壌汚染調査が必要な理由

  3. 3. 土壌汚染対策法とは

1.土壌汚染とは

全国各地で多発する土壌汚染問題。

東京豊洲市場の土壌汚染問題は、記憶に新しいのではないでしょうか。

土壌汚染とは、人間にとって有害な物質が地中や地下水中に浸透し、法で定めた基準値を超えた状態を指します。

2. 土壌汚染調査が必要な理由

私たち人間の生産活動によるものもあれば、自然由来のものもあり、近年土壌汚染の件数は増加の一途をたどっています。

ひとたび土壌汚染問題を起こすと、企業への社会的な信用が大きく揺らいでしまう事態となるため、リスクマネジメントの視点からも「土壌汚染調査」を行う必要があるのです。

3. 土壌汚染対策法とは

平成14年、環境省は土壌汚染による国民の健康被害の防止を目的として、「土壌汚染対策法」という法律を制定、翌年から施行されました。

その中には、土壌汚染の調査方法に始まり、汚染が認められた場合の土の搬出ルールなどが細かく示されています。

汚染された土地では通常の工事を行うだけでも汚染が拡散する恐れがあります。

違反すれば罰則もあります。

土地の所有者及び建設会社は土壌汚染に関する法規制についての知識を持ち、行政機関との緊密な連携のもと、土壌や地下水の汚染の拡散防止に努めることが重要です。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.