コラム

特定有害物質と土壌汚染調査について

2020.3.24

315 views

土地が汚染されている可能性があるかどうかを知るためにも、どんな業種で特定有害物質が使用されているのか知っておくのは重要です。土壌汚染によるトラブルを避けるためにも、基礎知識としておさえておきましょう。

目次

  1. 1. 土地が汚染されている可能性がある場合は?

  2. 2. 特定有害物質とは

  3. 3. 特定有害物質を使用する特定施設を廃止する場合は

1.土地が汚染されている可能性がある場合は?

特定有害物質とは、土壌汚染対策法にて定められている26種の物質のことを指します。

これらの物質が土にしみ込んだまま放置されることによって、人々の健康を脅かす危険性が指摘されています。

2.特定有害物質とは

特定有害物質には、

・第1種

・第2種

・第3種

という3つの区分があり、土壌汚染調査によってこれらの汚染が発覚した際には、それぞれ適切に処置することが求められています。

3.特定有害物質を使用する特定施設を廃止する場合は

特定有害物質を使用する特定施設を廃止する際には、土壌汚染調査を行うことが義務づけられています。

このように、特定有害物質と土壌汚染調査・対策には密接した関わりがあります。

では具体的に、特定有害物質を扱っている業種には、どんなものがあるのでしょうか。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.