コラム

土壌汚染調査と対策工事までのプロセス

2020.8.2

26 views

目次

  1. 1. 土壌汚染対策工事までのプロセスは?

  2. 2. ステップ(1)資料による調査の実施

  3. 3. ステップ(2)概況調査の実施

  4. 4. ステップ(3)詳細調査の実施

  5. 5. ステップ(4)対策工事の実施へ

1. 土壌汚染対策工事までのプロセスは?

土壌汚染対策工事には、多くの種類があり、それに伴う工事に要する期間もその費用もさまざまです。

そのためどのような工事を選ぶかが重要になります。

そこで、調査から対策工事までどのようなプロセスをたどるのかをみてみましょう。

2. ステップ(1)資料による調査の実施【土壌・地下水汚染の可能性の有無を確認】

現在と過去にさかのぼり土地および周辺土地に関する利用履歴、有害物質の使用状況、廃棄物の管理状況などを確認し、汚染の可能性を探ります。

調査結果は「汚染のおそれがない」「汚染のおそれが少ない」「汚染のおそれがある」の3段階に分けて評価します。

具体的には以下の資料を収集し、判断します。

■公的資料(土地の登記簿、航空写真、住宅地図及び官庁への届出書類等)

■私的資料(建物配置、配管図、社史等)

■その他(現地調査・ヒアリング等)

3.ステップ(2)概況調査の実施

現場から採取した土壌をサンプルとして採取し、分析を実施し、汚染の有無および汚染物質の確定を行います。

この調査で汚染が確認されなければ、調査終了となります。

■土壌ガス調査   ■土壌調査

4. ステップ(3)詳細調査の実施

汚染が確認された場合は、ボーリング調査(深さ最大10mまで)を行い、採取した試料をより詳細な深度毎に分析します。

分析結果をもとに、汚染の範囲を把握し、それに応じた最適な土壌汚染対策工事計画および工程を提案します。

5. ステップ(4)対策工事の実施へ

汚染物質や汚染状況、依頼者のニーズに最も適した対策工事を実施します。

それまでの調査結果を踏まえて策定した汚染対策工事計画に従い、土壌・地下水汚染の対策工事を行います。

土壌汚染対策工事は頼れるプロに

土壌汚染対策工事にはさまざまな方法があります。

大切なのは、用途・目的に合い、時間やコスト面でベストな工法を選択すること。

そのためには、信頼できる施工会社を選ぶことがポイントです。

太平産業は、豊富な土壌汚染対策実績をもとに、環境省の「土壌汚染対策法」に対応した安全確実な土壌汚染対策を行っています。

土壌汚染のプロ(国家資格保有者)が親身に対応しますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。



お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせは24時間受付中!!

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

052-223-2300

受付時間 9:00〜17:00(平日)

Copyright © osendo.net All Rights Reserved.